金車監視子機

 金車監視システムとは

   ・金車監視システムは金車の前後左右の動きを監視し、異常な動きが無いかをPCで確認できるシステムです。
   ・金車監視システムは親機と子機で構成され、データのやり取りは無線で行われます。
   ・子機から送られてきたデータを親機で受信し、専用ソフトウェアで簡易的な図にして視覚的に監視を行います。

   金車システム親機

        

   金車システム子機

       

 専用アプリについて

   金車監視システムPC画面

 

  付属の専用ソフトウェアでは下記のことが行えます。

   ・画面で金車の動きを監視

     金車の近くで目視して監視する必要がなく、複数台を1台のPCで同時に監視することが可能です。

     金車それぞれに人員を配置する必要がなくなる為、人員の有効活用が可能となります。

 

   ・閾値を設定することが可能

     閾値の設定をすることが可能となり目視での感覚による判断ではなく、検出したデータにより異常の判断が明確化されます。

 

   ・動作データの取得

     金車の動きをログとしてデータに保存することが出来るため、後でログを検証することで動作の確認を行うことが可能です。

     データを検証することで最大の振れ幅などの確認・分析をすることが可能となります。